FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキーをはいたねこのヘンリー


メリー・カルホーン 作
エリック・イングラハム 絵
猪熊葉子 訳
佑学社

先日長女は学校でスキー教室に行ってきました。
我が家で行ったことがなく、運動も苦手で、半分嫌がって出かけたのですが
すっかりスキーを楽しんで帰ってきました♪
そんな彼女にいいかな~と思って借りてきた絵本です。

ヘンリーは後ろ足で立って歩くのが得意な猫です。
ある日、家の人はヘンリーを連れてクロス・カントリー・スキーをしに山小屋へ出かけました。
男の子は、ヘンリーのために小さいスキーとストックを作ります。
後ろ足で立つことが得意なヘンリーでも、倒れて四つんばいになってしまい滑ることは無理でした。
翌日家の人が帰り支度をしている時、ヘンリーはねずみのことを思い出します。
どこへ行く時も一緒のふわふわねずみ。
ヘンリーが取りに戻っている間に家の人の車は出発してしまいました。
猫嫌いなお父さんが戻ってきてくれるとは思えません。
この雪山から出るにはスキーしかないと心を決めるヘンリー・・・

猫が本当に猫らしくしなやかに描かれています。
私は子どもの頃猫を飼っていたので、ウチの猫のしぐさをなんだか懐かしく思い出します(*^_^*)
猫がスキーなんて履くわけないのに、もしかしてできるんじゃないかと思うくらいしっくりときています。
ふわふわねずみを大事にしてるとこなんて、ホントかわいい♪
スキーで出かける時は、食糧とふわふわねずみをボロに包んでしっぽの先にむすびつけたりして
かわいくて笑ってしまいす♪

スキーでの移動は簡単ではありません。
調子がでるまで時間がかかります。
ちょっと上手になっても雪山をのぼるのは大変な苦労です。
下り坂ではヘンリー、身体をかがめた姿勢で風をきって滑ります。
なぜ男の子が雪を滑るのが好きなのか、わかった瞬間です。

スキーを初めて経験して、滑ることの楽しさを感じてきた長女には
共感できるお話だったかな?

ヘンリーはスキーの苦労とともに、いろいろな動物とも出会いハラハラドキドキします。
無事に家族と会えるでしょうか。

ねこのヘンリーシリーズは他に3冊あるようです。
また借りきたいと思います♪




読んでいただきありがとうございました(*^_^*)
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ
スポンサーサイト

ちいさな鳥の地球たび


藤原幸一 写真・文

たくましく生きる動物と地球の自然を綴った写真絵本です。

渡り鳥のキョクアジサシの「キーア」は地球上でもっとも長い距離を飛ぶ渡り鳥。
1年間に北極と南極を往復、その距離3万5千キロ。
夏の北極での子育ての中で出会う動物たち、
そして北極から南極への旅で出会う、さまざまな環境の中で生きる動物たちがキーアに語りかけてきてくれます。

こんなすごい渡り鳥がいることに、私も子どもも本当に驚いてしまいました。
北極から赤道まできて、やっと片道の半分。いろいろな自然の中を飛び続けているのですね。

北極のセイウチやトナカイの赤ちゃん、大きな海では大きなザトウクジラ、赤道近くではガラパゴス諸島でのめずらしい動物たち・・・などなど、見ていて楽しい動物たちがたくさん登場します♪
写真がどれも美しく、さまざまな環境で暮らす動物たちの生命を感じて感動します。
一方、地球にゴミを増やし、環境を破壊しているのは人間であるとありありと感じます。
ゴミの中で生きる動物たちの純粋な瞳。
本当に胸が痛みます。

自然破壊が世界中の動物たちにいろいろな影響を及ぼしているのですね。
地球環境を守ることの大切さを深く考えさせられます。
遠い国のことですが、旅するキーアの気持ちになって、すぐ近くで起きていることと感じさせてくれる絵本です。





読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

きみは しっている


五味太郎
岩崎書店

たくさん五味太郎さんの絵本に出会って楽しんできましたが
この絵本、ちょっと雰囲気が違いますね。
読んでる我々を巻き込んで、お話の世界がさらにおもしろくなります!

「いいかい!? このほんを いま よんでいる きみ!
これは ぼくのにくだぞ。」
うれしげに肉をくわえて登場のコンドル君。
明日食べるために岩陰に隠します。
そして、読んでいる我々に「よくおぼえておいてくれたまえ。」と頼んで行ってしまいます。
それを奥の岩陰からニヤリと覗くキツネ・・・。
翌日には案の定、肉はなくなっていてコンドル君の犯人探しが始まります・・・

我々は見ているのですから、コンドル君が間違った相手をつかまえて犯人扱いする度に
「あ~~、もう!違う違う!」と言いたくなります(≧m≦)
怒ったコンドル君、ついには我々にまで疑いの目を向けて・・・!
聞いてる子どもたちは「うたがわれたぁ~~!!」と大盛り上がり♪
読んでいるこちらも熱が入ってくるような、コンドル君のセリフでお話が展開していきます。

これはクラスで読み聞かせしたら、きっと盛り上がりますね♪

最後のオチで「私たちもひっかかった!?」
な~んてことがあるので最後の最後まで楽しめますヨ(*^_^*)




読んでいただきありがとうございました☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

りんごケーキ

私のお友達が家に遊びに来てくれたので
1番よく作る簡単りんごケーキを焼きました♪

IMG_6341.jpg

残った半分を翌日のこどものおやつにとっておいたら
長女がめずらしくお友達3人を家に連れてきたので、みんなに食べてもらえることに(*^_^*)

切り口を写真に撮ってブログに載せようと思っていたのに、あわてて撮れませんでした(^_^;)

引っ越してから、長女のお友達は1人だけ遊びに来てくれたことがあります。
外で遊ぶ約束もあまりしてきません。
高学年になると塾や習い事でみんな忙しいっていうのもあるけど
あまり積極的ではない長女です。

なので久しぶりに遊びに来てくれたお友達、母もすごくうれしかったです♪

りんごケーキ、焼きたてはふんわりやわらか。
2日目はしっとりとした違うおいしさになります。
長女は2日目のほうがおいしかったようですが、みんなで食べたからかな(*^^)




読んでいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りおやつへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ぼくんちカレーライス


つちだのぶこ
佼成出版

読み終わったらみ~んなカレーを食べたくなっちゃいます♪

ぼくはなんだかカレーライスがたべたくなって、夕ご飯にリクエスト。
商店街でお母さんとお買いもの、どこのお店でも
「きょうぼくんちカレーライス」とぼく。
するとなんだかみんな食べたくなってきちゃって・・・

ぼくがカレーライスを食べたくなったのも、ある看板が目にとまったから・・・。
その看板のおじさんが絵本の中で何度か登場。
それだけではなく、商店街の気になる人物がいろんなところでまた見つかります♪
途中で散髪して様子が変わってしまったおじさんも・・・。
でもこの人を見つけた時の盛り上がりはスゴイですよっ

簡単な文なので小さい子向きなのでしょうが
小学5年生もめちゃめちゃ楽しんで読んでましたー♪
何度も前のページに戻って見比べるので、なかなか先に進めませんがーー(^_^;)

つちだのぶこさんの「でこちゃん」や「くんちゃんはあきらめないもん」もおもしろかったよね~
なんて話をしたら、長女とは読んでいましたが、次女はまだ読んでませんでした。
4歳離れてますから、次女にだけ読んであげてない本もたくさんあるんですよね・・・。
つちだのぶこさんの絵はホントに楽しい♪
また借りてきたいと思います(*^_^*)




読んでいただきありがとうございました☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

つきのぼうや


イブ・スパング・オルセン
福音館書店 

この絵本、縦長。
これだけでなんだかめっちゃテンションあがります♪
癒し系で愛嬌のある絵、早くなかみが読みたくなりませんか?

お月さまがふと下をみると、池の中にももうひとりのお月さま。
そこでお月さま、月のぼうやに頼みます。
「ちょいと ひとっぱしり したへ おりていって、 あのつきを つれてきてくれないか。
ともだちに なりたいのだ」
月のぼうやはいろいろなものと出会いながら下へ下へ。
月みたいなものはたくさんあるけれど・・・

我が家の子ども達、図書館から借りた本はそれぞれ自分で先に読んでしまいます。
読んだうえで、気にいった絵本を寝る前に1冊持ってきます。
ところが次女、この絵本は「あんまり好きじゃないかも」と先に読みませんでした。
私はすごく好きな雰囲気なのに、なんで?と思って聞いたら・・・
「だって、お月さまがヒゲ生えてて、髪の毛もちょびちょびで、おやじなんだもん・・・」って。
そこが愛嬌があっていいのですけどーーー(-_-;)
彼女のイメージとはあまりにかけ離れた月で嫌だったようです・・・(^_^;)

でも長女が選んでくれて、一緒に読んでみたら一転、
「大好き♪」に(*^_^*)

この絵本
縦長の形と水色の背景が、月のぼうやがふんわりと時間をかけて降りてくる雰囲気をイメージさせてくれます。
そして、どんどん降りていって、いったい何を見つけて持って帰るのかわくわくします♪

月のぼうやがお月さまに間違えてしまいそうな丸い物がいっぱいでてきます。
「こんなお月さまコワイ!」とか
「これも間違えちゃうんじゃないの!?」とか。
おしゃべりが盛り上がってなかなかページがめくれません。

クラスでの読み聞かせと違って、親子での読み聞かせはこんな会話がとても楽しいのです。
じっくり聞いてもらえる絵本もいいのですが、いろいろお話したくなる絵本も大好き♪

私は「こんなに降りてきちゃったはいいけど、帰る時どうするんだろう」
って途中心配になってつぶやいてしまいましたが
「それは月のぼうやだもん、好きにふわふわうかべるに決まってるじゃん!」
絵本の中に素直に入れるのは、やっぱり子どもたちですね~~




読んでいただきありがとうございました(*^_^*)
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

しっぽのはたらき


川田健 文
薮内正幸 絵
今泉吉典 監修
福音館書店

低学年のクラスで、メインの本に合わせて選ぶといいかな~と思える絵本です(*^^)

いろいろな動物がリアルに描かれ、しっぽの働きを教えてくれます。
表紙には実を取ろうとする、長いしっぽが見えますね。
めくると、この動物の正体がわかります。(このしっぽは「くもざる」)
また同じ見開きに次の動物のしっぽだけが見えているので、子どもたちはクイズのように楽しめます♪
これを読んでいくと、同じしっぽでも動物によってずいぶん働きが違うのだと改めて理解することができます。

次女はページをめくる前に「犬!」とか「牛!」などと答えを言って楽しんでいました。
これをクラスでやったら盛り上がるだろうな~(*^_^*)
知っている動物もしっぽの働きに注目することはあまりないことなので
とても興味深そうに聞いていましたよ♪



読んでいただきありがとうございました(*^^)
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

でんせつのきょだいあんまんをはこべ


サトシン 作
よしながこうたく 絵

これまた5年生のクラスでお友達お母さんが読んでくれて本です。
その日、長女は「あんまん食べたい!」と言っていました。
後日、これを読んだのだと聞いて「ナルホド~(*^^)」

「そらから とつぜん しろい ぶったいが おちてきた。 ひゅーーーーん!」
アリ達の世界に突如現れた白い物体。騒然とするアリ達。
長老はあんまんであることを教えてくれる。
昔々にも空から降ってきたことのある伝説のあんまん。
そして、巨大あんまんを運ぶためのプロジェクトチームが結成される・・・

お友達お母さんのいくちゃんは、これをプロジェクトX風に読んだそうです(笑)
それくらいハマりきって読んでくれたら、ウケること間違いなし!
アリがアリらしくない劇画で登場。
男の勇気と知恵と努力の冒険が、最後のオチにむかって盛り上がります!!
(本当の働きアリはメスなんですけどね~(*^_^*))

これは高学年のほうがおもしろさが分かるかな?
私は大好きです~♪
めっちゃ笑わせてもらいました!



読んでいただきありがとうございました☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

ゼラルダと人喰い鬼


トミー・ウンゲラー
たむらりゅういち あそうくみ 訳

5年生の教室で読もうかと準備していた絵本でした。
結局読めませんでしたが・・・(^_^;)

昔々、あるところに一人ぼっちの人喰い鬼がいました。
人喰い鬼は朝ごはんに子どもを食べるのが何よりも大好き。
子どもをさらいに町にやってくるので、子どもたちは隠れすっかり姿を消しました。
町から遠く離れて暮らすお百姓さんと、ひとり娘で料理の得意なゼラルダはそんなこと聞いたこともありません。
市がたつ日、お百姓さんは具合が悪くなり、かわりにゼラルダに町へ行ってもらうことにします。
子どもの匂いをかぎつけ、岩の上で待ち伏せする人喰い鬼・・・

ちょっと怖い雰囲気のただよう表紙ですが、ゼラルダの表情のように楽しく変わっていきます♪
こんなおそろしい人喰い鬼がかわいらしい女の子によって
おなかも心も満たされていくなんて(*^_^*)
ならんだお料理はどれもおいしそう!
名前と料理を見比べて「このお料理が1番好き!」「これ食べてみたい♪」なんておしゃべりも楽しいですよ!




読んでいただきありがとうございました(*^_^*)
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ


フランシスのいえで


ラッセル・ホーバン 作
リリアン・ホーバン 絵
まつおかきょうこ 訳

私にとっては懐かしい絵本。
子どもたちの反応はどうでしょうか・・・?

フランシスは赤ちゃんのお世話をするお父さんお母さんの気をひこうと
流しの下で歌を歌ったり、大きな音をたてたり。
ちょっぴり叱りながらもフランシスの甘えたい気持ちに応えてくれるやさしい両親。
でも翌日、着たい洋服にアイロンがかかっていなかったり、朝ごはんのほしぶどうがなかったり。
お母さんはあかちゃんのお世話で忙しくなってしまったのです。
「あたし、いえでしようかしら?」と思うフランシス。
夜ごはんは6時半。そのあとでもゆっくり家出ができそうです・・・。

やさしい鉛筆のラインと、色は淡いピンクと黄色だけで描かれた絵です。
だから全体がほんわかかわいらしいベビーちゃんみたいな絵本です。
そしてフランシスの行動のかわいらしいこと♪
家出って・・・そこに?
我が家の子どもたちも「かわい~!」を連呼しながら笑顔がこぼれていましたよ。
両親のあたたかさが、なんとも言えずいいですね。
私もこんな愛情をいつもみせてあげてなきゃだめだよね~、叱り飛ばしてばかりじゃなくてー(^_^;)
ナンテ、反省も。
読み終わったら、子どもたち2人で「よし!明日は家出だ!!」
ですって(≧m≦)



読んでいただきありがとうございました(*^_^*)
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ


おかえりたまご


ひろまつ ゆきこ 作
しまだ しほ 絵

またまた1年生次女のお気に入りができました~
なにげなく借りてきた絵本でしたが。
図書館の定位置に戻る前の
「返ってきた絵本」のコーナーをまず最初に探すのが好きです。
誰かが気にいって選んだ本の中には掘り出し物が結構ありますよね!

なずなはいつものようにしーんとした家の中に帰ってきました。
テーブルの上にママの交換ノートとゆでたまごがぽつん。
ゆでたまごには顔と手足、「おかえり」の文字。
なずなの手のひらから転がり落ちたたまご、2本の足で着地して
「ぼく、おかえりたまご。いっしょにあそんだげようか」
なずなとたまごの楽しい遊びの時間が始まります・・・

表紙の絵でおわかりのとおり、めっちゃかわいいおかえりたまご!
手足がなんとも、いいですよね❤
2人の遊びは、こちらも一緒に遊んでる気分で楽しくなってきます♪
あやとりに、飛行機、絵描き歌・・・
私が子どもの頃よくやってた懐かしの絵描き歌もあるので
得意げに歌ってあげましたヨ~(*^。^*)
あっという間に仲良くなったなずなとたまごの掛け合いや表情もおもちろい♪
絵にも色にもウキウキ!しまだしほさん楽しんで描いたんだろうナ~

これを読み終わった後は何かで遊ばずにはいられなくなるようです(*^_^*)
おかえりたまご、いたらいいなー!




にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ
プロフィール

akirin*

Author:akirin*
小学6年生と2年生の娘の母です。
寝る前の絵本タイムが大好きな子ども達。
物語の楽しさを共有することで、さらにおもしろく感じてくれているようですヨ!
小学校での読み聞かせではたくさんの子ども達の笑顔に癒されています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
小学1・2年生向け絵本ランキング
小学3・4年生向け絵本ランキング    
小学5・6年生向け絵本ランキング
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。