FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっぽのはたらき


川田健 文
薮内正幸 絵
今泉吉典 監修
福音館書店

低学年のクラスで、メインの本に合わせて選ぶといいかな~と思える絵本です(*^^)

いろいろな動物がリアルに描かれ、しっぽの働きを教えてくれます。
表紙には実を取ろうとする、長いしっぽが見えますね。
めくると、この動物の正体がわかります。(このしっぽは「くもざる」)
また同じ見開きに次の動物のしっぽだけが見えているので、子どもたちはクイズのように楽しめます♪
これを読んでいくと、同じしっぽでも動物によってずいぶん働きが違うのだと改めて理解することができます。

次女はページをめくる前に「犬!」とか「牛!」などと答えを言って楽しんでいました。
これをクラスでやったら盛り上がるだろうな~(*^_^*)
知っている動物もしっぽの働きに注目することはあまりないことなので
とても興味深そうに聞いていましたよ♪



読んでいただきありがとうございました(*^^)
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ
スポンサーサイト

たべることはつながること  しょくもつれんさのはなし


パトリシア ローバー 作
ホリー ケラー 絵
ほそやあおい くらたたかし 訳
福音館書店

葉っぱをいもむしが食べて、そのいもむしをみそさざいが食べ、みそさざいを鷹がつかまえて食べます。
葉っぱから始まった繫がりは鷹で終わります。
人間の食べ物の繫がりも矢印でつないで考えたり
いろんな物を食べるシマリスがいろいろな物に食べられる複雑な矢印の繫がりを見せてくれたり。
繋がりの中のひとつを人間が取りすぎてしまったらどんなことがおこるか、など
分かりやすい絵と図で伝えてくれています。

次女は大変気にいって、何度かひとりで繰り返し読んだ後
「食物連鎖ゲームをしよう!」と言いだしました。
彼女が勝手におもいついたゲームです。
初めに「草」などお題を出して次の人がそれを食べる何かを言っていくのです。
例えば「牛」→「人間」となるとこれで終わり、終わりを言った人が負けだそうです。
この話の中に出てくる、「これで終わり」というフレーズがとても気に入ったようで(*^_^*)

自分たちも食物連鎖の中で何かと繋がっていると感じることができますね。
また食事の時に繫がりの話をしてみたいと思います♪




読んでいただきありがとうございます(*^_^*)
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ
プロフィール

akirin*

Author:akirin*
小学6年生と2年生の娘の母です。
寝る前の絵本タイムが大好きな子ども達。
物語の楽しさを共有することで、さらにおもしろく感じてくれているようですヨ!
小学校での読み聞かせではたくさんの子ども達の笑顔に癒されています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
小学1・2年生向け絵本ランキング
小学3・4年生向け絵本ランキング    
小学5・6年生向け絵本ランキング
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。