スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かえるのどびん


野村たかあき
教育画劇

4年生の読み聞かせに選んだ絵本、もう1冊です。
今回「ともだちやもんな、ぼくら」も一緒んに読み聞かせに入ってくれたお母さんが選んでくれました。
絵本をよく知る方が選ぶ本はどれも胸に響く絵本です!

おいけがむらに暮らすかえるのどびん。
そこでの泳ぎの競技に1度も勝てません。
かなづちどびんとからかわれ、うるんでしまいます。
しかしどびんは何かを信じていました。
やなぎがむらのとびつき競技をめざして
春を待って旅に出かけることを決めます・・・


まけがえるのどびん、みんなにからかわれてかわいそう・・・。
でもこのどびん、自分を信じる心を持っていました。
自分を信じてがんばることの大切さと
それぞれみんな素晴らしいものを持っているんだと感じられる絵本です。

競技で1番が取れなくても、誰よりも素晴らしいところがあると教えてくれたかえる。
そのやさしさにじ~~んときます。
それまでさえなかったどびんの表情が
最後に素敵な笑顔に変わります!
努力のバンソウコウが泣けますね。

絵は版画で力強く描かれて、そこに手書きで文が書かれています。
七五調でリズムが良く、韻をふんで耳にとても心地よく響く文です♪




読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ
スポンサーサイト

ともだちやもんな、ぼくら


くすのきしげのり 作
福田岩緒 絵
えほんの社

4年生のクラスで読みました。
関西弁の絵本!
イントネーションがちょっと難しい(^_^;)

夏休み。カブトムシを見つけて木に登るぼくとマナブ。
「こらあっ!」そこはカミナリじいさんの家の木。
まだ木に登っていなかったヒデトシが逃げると、ぼくとマナブも逃げ出した。
しかしヒデトシはこけてしまい、2人は追い越して逃げて行く。
空き地に着いた2人、「ヒデトシ、つかまったんやろか」
急に心配になってきて・・・


男の子の微笑ましい友情が描かれた絵本です♪
カミナリじいさん・・・!
怖いけれど、最初のほうのページで、本当に悪いことした人にきっちり叱ってる様子がうかがえます。
このページを見るだけでも、悪い人ではなさそうだな~って思います(*^^)
こんなにしっかり叱ってくれる人、なかなかいませんしね。
そして、最後にあの怖かったカミナリじいさんの笑顔、
「やっぱりイイ人だ~(^O^)/」ってうれしくなります♪

しかし、男の子たち、この怖いカミナリじいさんを前にしてものすごい葛藤をします。
置いてきてしまった友達のことを考え、悩んでる顔。
頭に浮かぶ、泣いてるヒデトシの顔。
読んでる子どもたちの共感をよぶ心の動きが、夏のミーンミンという鳴き声とともに描かれています。

ここで今になってひとつ反省・・・(・_・;)
絵の中にこの「ミーンミン」という鳴き声がたくさん描かれているのですが
これはヒデトシの泣き声のように心にせまってくる音です。
絵を見て感じてくれればいいかな、と読まなかったのですが
この物語の中ではとても重要な音ですね。
3ページにわたって描かれているのですが、この音はどんどん大きくなって響いているのです。
物語を読みながら、この音も加えていくべきだったナ~。
次回リベンジします!!

この話、根っこはシリアスなお話ですが
関西弁であることでもおわかりの通り、随所に笑いの種がひそんでいます♪
この3人のやりとりを微笑ましく見て、最後にはさわやかな気持ちになります(*^_^*)

カミナリじいさんの家の表札、子どもたちすぐに気がついてウケていましたよ!




読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

地球をほる


川端誠
BL出版

けっこう前から図書館に予約していた絵本。
やっと手元に届きました~♪

夏休みに、つよしとけんたは地面に穴を掘って地球の裏側に行ってみることに。
地球の中心はドロドロにとけているからななめに掘っていく。
目的地は姉さんのペンプレンドのいるアメリカ、ケンタッキー州。


この絵本、ななめに掘っていくので、絵本をどんどんななめに傾けていかなければいけません。
目的地に着く頃には絵本はさかさまに、文字は英語で横書きに変わっています!
このアイディアだけでもおもしろいのですが
掘り進む地中に埋まっているものが楽しい♪
掘り始めに近い頃は日本刀がうまっているのが、目的地に近くなるとサーベルだったり。
あのチリの地中に埋められた男たちを助けた乗り物があったり。
他にもまだまだ指摘しどころはいっぱいあるのですが、このへんで・・・(*^^)

とにかく、子どもの頃1度はどんどん掘ったら地球の裏側に出るなんて考えてたあの想像が描かれていて、掘り進む様子にワクワク楽しませてもらえるのです♪

英語には日本語のルビがふってありますから、どちらでも大丈夫。
英語に興味のある子なら英訳と比べて読めて楽しいかも♪
でも読み聞かせするんだったら、せっかくだから両方読みたいかな。
ナンテ思ったら、発音に自信のない私には少々ハードルの高い絵本になってしまいました(^_^;)

我が子の前でだけ読んで楽しみましたよ(*^_^*)




読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

くつやのねこ


いまいあやの
BL出版

6年生の朝読み、2冊目です。

「長靴をはいた猫」の話から魔物を倒すところを抜き出し
新たな人物と背景を設定して、分かりやすい、そして物語のおもしろさを十分味わえる作品になっています♪

一匹の猫と暮らす貧しいくつやはとうとう店を閉めることにしました。
そこで猫は1番上等の革で長靴を作ってもらい、人を食べてしまう魔物のお城に出かけます。
魔物は、猫の長靴を見てひとつ靴を注文すると、とても気に入りました。
どんな姿にも変身できる魔物は次々といろいろな靴を注文します。
ところが、けちんぼうな魔物、お金を払おうとしません・・・。


外国の作品かと思うようなおしゃれな絵♪
色調はやわらかであたたか、赤い色がポイントで効いています。
動物の毛の質感がなんとも言えません。ピョンピョンととびでた毛がかわいくてなでたくなります(*^_^*)
表情も語りかけてくるものがあってすっごく好きです!
とにかく絵がかわいい!!

クライマックスはちょっとドキッとする展開。
子どもたちは「え~!」「そんな~」
絵にもドキッとさせられるのです。

馴染みのあるお話ですが、短く抜き出してあるのに読み応え十分!
絵もかわいいので手元に置いて飾っておきたい絵本です(*^_^*)




読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ

ばけものつかい


川端誠
クレヨンハウス

6年生のクラスで朝の読み聞かせです。
落語絵本はみんな大好き!
夏の怪談シーズンにあわせてチョイスしました(*^_^*)
ちっとも怖くないけどね

御隠居さんが奉公人の久蔵さんを連れてお引っ越し。
ところがそこはおばけやしき。
ばけものだけはがまんができない久蔵さんは出ていってしまいます。
よく働く久蔵さんにやめられて困ったご隠居さん、
その夜出てきた一つ目小僧にどんどん用事を頼んでしまいます。
久蔵のようによく働く一つ目小僧に満足したご隠居さん、
次の夜も楽しみに待っていましたが、でてきたばけものはろくろっくび。
かまわずどんどん用事を頼むご隠居さん・・・


落語絵本は調子が良くていいですね♪
ちょっと落語家になった気分で楽しく読んでしまいます。
そして、輪郭のはっきりとした絵も分かりやすくて読み聞かせにピッタリです。
一つ目小僧が必死に働く姿はおもしろい!

最後のオチでは
「そういうことか~♪」とか
「かわいい❤」なんて女の子の声も聞こえてきましたよ。
最後の表情がなんともいいのです♪




読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

絵本 ブログランキングへ
プロフィール

akirin*

Author:akirin*
小学6年生と2年生の娘の母です。
寝る前の絵本タイムが大好きな子ども達。
物語の楽しさを共有することで、さらにおもしろく感じてくれているようですヨ!
小学校での読み聞かせではたくさんの子ども達の笑顔に癒されています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ
小学1・2年生向け絵本ランキング
小学3・4年生向け絵本ランキング    
小学5・6年生向け絵本ランキング
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。